プリウス買取り相場

プリウスも現在は4代目となって、一時のことを思えば待たされることなく買えるようになりました。
… 現行型はそれほど売れていないとも。

実際、このサイトをご覧になっている方の多くは、現行型よりも3代目ZVW3#式のユーザーかと思います。 当時は、エコカー減税もありましたけど、人気が凄かった時期でしたから、下取り価格の相場感は少し高め。

誰が何と言ったか知りませんが、相場感は知っておいた方が、査定をしてもらう時も強気にイケる部分もあろうかと思います。
金額的には、5年落ち4万キロのプリウスSで70万円がつくかつかないか… といったところ。
このクラスとしては、かなり査定額が出やすいのですが、それでも下取り価格がもう少し出て欲しいなぁ… といった気持ちはあると思います。

70万円ですから、販売価格の1/3。 

「 安いよなぁ~ 」って思いましたよね?


下取りなんかも、値引きと併せ技ですので、もうちょっと安く出してくるところも多いです。
この場合は、値引き額に気をとられることが多いですので、ココからグッと買取価格を… とならない人も多いように思います。

経験ありません?

… 僕はあります (笑)


ですが、下取ってくれるディーラーには、利益としての縛りがあります。
販売額(値引額)と下取額の幅はありますが、利益として最終的に縛られています。

ディーラーだと、下取っても自分で売ることが苦手なので、どうしても高めに下取り価格をつけることが難しいですし。
販売・メンテからオークションまで幅広過ぎるんですよね、きっと。
全部が得意な人材っていませんし、そんな会社ってありません。

ですので、ディーラーと値引きの交渉をしつつ、買い取り専門店にも持ち込む。
買取価格を提示してもらって、下取り価格と比べるべきです。
で、ディーラーにチラつかせる。

そうすることで、もう一押し出来たらラッキー。
出来なくても、下取りよりも高く買ってくれてラッキー。

買取査定をしっかりだしてこそ、ディーラーと交渉ができるってものなんです。

© 2018 車買取り rss